• HOME>
  • 歯がグラつく・歯ぐきから血が出る~歯周病~

成人の約8割が歯周病予備軍といわれています

成人の約8割が歯周病予備軍といわれています

テレビCMなどでもよく聞く歯周病。成人の約8割がかかっているか、あるいは予備軍であるといわれている国民病ですが、皆様は歯周病に関してどの程度ご存じでしょうか?

歯ぐきが腫れたり、ブラッシングで血が出たりするなどの症状が出てきたら、歯周病のサインかもしれません。ズキズキするような痛みを伴わないため、大丈夫だろうと思われがちですが、そのまま放置しておくと、歯茎の炎症が起きたり、顎の骨が溶けて歯が抜けてしまったりする事態になることもある怖い病気なのです。

たとえ軽度のものでも歯医者で適切な処置を受けないと、毎日の歯磨きだけでは改善できないこともあります。歯周病のサインを感じたら早めに東京都町田市の歯科医院「ワイズデンタルオフィス」までお越しください。

これが歯周病のサイン

以下の症状は歯周病のサインかもしれません。1つでもチェック項目がある場合は日頃からのケアをしっかり行い、歯医者での検診を受けることをおすすめします。

歯磨きしている時に歯ぐきから血が出る
グラグラしている歯がある
固いものを咬むときに痛みを感じる
歯ぐきが腫れている
歯ぐきがいつもより赤くなってきている
口の中がネバネバしている
以前より口臭がきつくなった
歯が以前より長くなった
歯の間に食べ物がよくつまるようになった

歯周病の進行と症状

【歯肉炎】
歯周病の進行と症状 歯ぐきに炎症が起こり始めているため、ブラッシングで出血することがあります。ただし、この段階であれば正しいブラッシングを続けていくことで、症状が改善されていきます。(歯と歯ぐきの隙間が2~3mm程度)

【軽度歯周炎】
歯周病の進行と症状 歯肉が赤く腫れてきて、歯磨きの際に出血します。この段階では、まだ痛みを伴いません。しかし、冷たいものがしみる、口臭が気になるなどの症状が現れるようになります。歯科医院でプラークや歯石を取り除き、正しいブラッシングを続けることで改善が可能です。(歯と歯ぐきの隙間は3~5mm程度)

【中等度歯周炎】
歯周病の進行と症状 指や舌で歯を押すと、グラグラと揺れ動きます。顎の骨が半分くらいに溶けてしまっている状態です。歯ぐきの腫れ、出血、歯が浮くような感覚などの自覚症状、強い口臭などが気になるようになります。この段階になってくると歯周炎の治療に加えて、骨の状態を改善する処置が必要になるため治療に時間がかかります。(歯と歯ぐきの隙間は4~7mm程度)

【重度歯周炎】
歯周病の進行と症状 顎の骨が半分以上破壊され、歯がグラグラするため食事も難しくなってきます。歯ぐきが後退して歯の根本が見えるようになってしまうため、歯が長く見えたり、抜け落ちてしまったりする可能性が出てきます。また、歯と歯ぐきの境目からは膿が出てくるようになり、口臭もかなり強くなるため日常生活に支障をきたしてしまうかもしれません。ここまで進行してしまうと、抜歯や外科手術が必要になってしまうケースもあります。(歯と歯ぐきの隙間は6mm以上)

歯周病の治療法

スケールルートプレーニング
歯周病の治療法 「スケーラー」という専用器具を使って、歯の表面や歯と歯ぐきの間の隙間に溜まったプラークや歯石を除去します。その後、ザラザラになっている歯の表面を「ルートプレーニング」という器具で滑らかに仕上げます。歯周病の初期段階なら、この治療を行うことで症状が改善されていくことが多いです。
PDT(光殺菌)
歯周病の治療法 PDTとは、光殺菌治療(photo dynamic therapy)と言います。歯周病に罹患した部分にバイオジェルを注入し、レーザーを照射することで菌を死滅させます。痛みや副作用がなく、抗生物質などの薬を使わずに殺菌することができるので炎症がひどい場合にはオススメです。
フラップオペ
歯周病の治療法 歯周病が進行してしまっていると、スケールルートプレーニングだけでは改善されないことがあります。スケーラーでは届かない場所に付着してしまった歯石を除去するために、歯ぐきを切開して歯の根本を露出させ、歯石や感染している歯肉を除去します。
GTR法(再生療法)
歯周病の治療法 歯周病によって失われた歯槽骨(しそうこつ)は、再生能力を持っています。そのため、原因を取り除いてあげることで再生を図ることが可能です。歯周病に感染した歯ぐきを切開して患部を除去し、歯肉の下に人工膜を入れることで歯周組織の再生を促す治療法です。
エムドゲイン法(再生療法)
歯周病の治療法 GTR法と同様に歯周病で失われた歯周組織を再生させるための治療法です。エムドゲイン法は、人工膜の代わりに「エムドゲイン・ゲル」という薬剤を注入することで歯周組織の再生を促します。
骨移植(自家骨)
顎の骨が溶けて、骨量が不足してしまっている時に行う治療法です。患者様ご自身の他の場所から骨や歯ぐきを採取し、患部に移植します。局所麻酔で行う、約2時間程度の手術です。
PRP法
GTR法やエムドゲイン法と同様に、歯周病で失われた顎の骨や歯ぐきの再生を促す治療法の1つです。患者様ご自身の血液中から、骨の増大や歯肉の治癒を促進する「PRP(多血小板血漿)」という物質を抽出して患部に用います。PRPを使用することで術後の経過が良好になり、治癒までの時間が短縮されます。また、ご自身の血液を使用することから、安全性と信頼性が高い治療法と言えるのではないでしょうか。

重度の歯周病でも諦めないでください
詳しい歯周病治療はこちらから

東京都町田市|診療予約|ワイズデンタルオフィス

page top