• HOME>
  • 歯が抜けた・抜けた歯を補いたい~インプラント・入れ歯・ブリッジ~

歯を失ったまま放置するのは危険です

歯を失ったまま放置するのは危険です

虫歯や歯周病などの病気や不慮の事故によって歯を失ってしまった場合は、歯を補う補綴治療を行う必要があります。「奥歯で目立たないから大丈夫」と治療を行わずにいると、歯並びや咬み合わせの乱れを引き起こす可能性も。補綴治療にはインプラント・入れ歯・ブリッジなどの治療法があり、患者様の症状やご要望に応じた治療を選択できます。

東京都町田市の歯科医院「ワイズデンタルオフィス」では、補綴治療としてインプラントと入れ歯を推奨しています。歯を失ってしまった際はすぐに当院までご相談ください。

自分の歯のように咬めるインプラントについて

インプラントは失ってしまった歯の代わりにフィクスチャー(ネジ)を埋め込み、その上からセラミックなどの自然な質感のある素材で作られた人工歯を被せる治療法です。入れ歯やブリッジにはない安定した咬み心地が得られ、審美的、機能的にも優れている点が特徴といえます。

また、こまめなブラッシングと定期的なメインテナンスを受けていただくことで長持ちします。入れ歯やブリッジではよく咬めないとお悩みの方、入れ歯の手入れが面倒に感じる方、ご自身の歯のような自然な仕上がりをお望みでインプラントを検討されている方はご相談ください。

インプラント治療について

インプラント治療は、天然歯と同等の機能と見た目を取り戻せる治療方法の1つですが、高価であり、高度な外科技術と精密な診断が求められます。そのため、事前に患者様の症状を正確に把握し、十分な検査とカウンセリングを行ったうえで適切な治療を進めることが大切です。

当院のインプラント治療

当院のインプラント治療

当院では大学病院で採用している歯科用CTを導入しており、精密な検査・診断が行えます。当院のドクターは症例実績も夫婦で、さまざまな症例に対応することができるインプラント治療のスペシャリストなので、患者様に合った最適な治療計画の立案が可能です。

他院でインプラント治療を断られた方へ

インプラント治療は埋入する際の土台となるのが顎の骨であるため、骨の状態によっては対応できないケースがありました。しかし、インプラント治療の技術は日々進歩を続けており、当院では顎の骨が足りなくて他院でインプラント治療を断られた症例も数多く対応しております。
症状の度合いによってはインプラント治療を行うことも可能なケースがあるので、お困りの場合はぜひ一度当院までご相談ください。以下が顎の骨が不足して入る場合に行う治療です。

ソケットリフト

上顎の骨が足りない場合でも、ある程度の厚みが残っていれば、ソケットリフトで治療が可能です。上顎洞底部を持ち上げてできたスペースに、ご自身の別部位から採取した骨や骨補填剤などを注入して失った骨を造成することで、インプラント(人工歯根)の埋入を可能にします。歯周病や歯の喪失などが原因で顎の骨が必要以上にやせている場合には、この治療が有効です。

  • ソケットリフト
  • ソケットリフト
  • ソケットリフト
サイナスリフト

インプラントの挿入スペースを確保するための顎の骨を増やす手術です。上顎洞を覆う粘膜をはく離してリフトアップし、そこにできたスペースにご自身の別部位から採取した骨や骨補填剤を注入して上顎洞の底部分を押し上げます。必要な顎の骨の厚みを確保することで、インプラント(人工歯根)を固定させます。顎骨が薄くてインプラント治療ができなかった場合には、この治療が有効です。

  • サイナスリフト
  • サイナスリフト
  • サイナスリフト
GBR

インプラントは、埋入する時には充分な骨の厚みと幅が必要なりますが、顎の骨の厚みが足りない部位にご自身の別部位から採取した骨や骨補填剤を用い、そのうえに「メンブレン」という人工膜を置き、3~6ヶ月ほどをかけて顎の骨を再生したあと、インプラントを埋入します。

  • GBR
  • GBR
  • GBR

PICK UP 歯周組織の再生を促進するPRP法とは!?

患者様ご本人から採取した血液中に含まれる、骨の増大や歯肉の治癒を促進する物質(PRP)を抽出し、歯周組織の再生を促進する手法です。歯周病治療に応用することで、術後の経過が良好になり、治癒期間が短縮されます。また、患者様ご自身の血液の成分を使用するため、安全性と信頼性に高い効果的な治療法といえます。

症例

前歯欠損
  • 症例 前歯欠損 ビフォー
  • 症例 前歯欠損 アフター
1歯欠損
  • 症例 1歯欠損 ビフォー
  • 症例 1歯欠損 アフター
複数欠損
  • 症例 複数欠損 ビフォー
  • 症例 複数欠損 アフター

歯を失った際の選択肢はインプラントだけではありません

歯を失った際の選択肢はインプラントだけではありません

入れ歯は身近で使用されている方も多くいらっしゃるように、失った歯を補うためのもっともポピュラーな治療法です。従来の入れ歯では「合わない」「咬みにくい」などの悩みが多く聞かれましたが、現在では技術の向上により、さまざまな種類のものをご提案できます。

現在の入れ歯に不満がある方へ

現在の入れ歯に不満がある方へ

違和感を抱えたままの入れ歯は放置すると痛みが発生したり、咀嚼(そしゃく)が困難になったり、頭痛、肩こり、しびれなどの不定愁訴(原因不明の不快な症状)を引き起こします。時間の経過とともに口腔内の環境が悪化することで、治療に時間も費用もかかってしまいます。お使いの入れ歯に異変を感じたら、一度当院までご相談ください。

入れ歯などの補綴治療を行わないと……

虫歯や事故によって歯が欠損したままの状態にしておくと、周囲の歯が抜けた部分を埋めるために傾き始め、咬み合わせのバランスが悪くなります。咬み合せが悪くなることで日々の食事や会話も苦痛になりますので、歯が抜けてしまっている方は、入れ歯やインプラントなどで歯の機能を補いましょう。インプラントはいいけど外科手術を行うのは……という方には入れ歯がおすすめです。

ワイズデンタルオフィスの精密な入れ歯治療

ワイズデンタルオフィスの精密な入れ歯治療

当院では、安定した調和のとれた咬み合わせのバランスを審査するためにフェイスボウという器具を使います。咬み合わせのバランスや、かかる力などが均等になるように調整し、患者様に合った精度の高い入れ歯を作製します。入念に咬み合わせのチェックをするため、半日程度入れ歯をお預かりすることもありますが、できるだけ調整のための通院回数を少なくし、患者様の負担を軽減するためのものですので、どうぞご理解ください。

東京都町田市|診療予約|ワイズデンタルオフィス

page top