• HOME>
  • 顎が痛い・カクカクする~顎関節症・咬み合わせ~

顎の痛みがある場合は顎関節症を疑ってください

顎の痛みがある場合は顎関節症を疑ってください

「原因はわからないけど、なぜか顎が痛む」などの症状を経験されたことはありませんか? 顎の痛みの原因は顎関節症である恐れがあります。顎関節症は顎関節の周りで何らかの要因で痛みや機能低下が起きる症状です。

東京都町田市の歯科医院「ワイズデンタルオフィス」では、顎関節症の痛みの緩和ケアとともに、日常的な癖の中に潜んでいる原因を解消するための治療を行っています。治療せずに放置していると状態が悪化してしまうこともありますので、少しでも気になる症状がある方はぜひ当院までご相談ください。

顎の不調は顎関節症かもしれません

皆様は以下のような症状はありませんか?

顎が痛い
顎が鳴る
口が開けづらい
咬むと違和感がある
口を完全に閉じることができない
顎の不調は顎関節症かもしれません 顎の不調は顎関節症かもしれません

顎の不調は顎関節症かもしれません

上記のような症状が見られる場合、顎関節症の恐れがあります。顎関節症は、顎の関節(顎関節)、咬み合わせ、筋肉などの調和がとれていないために起こる症状です。時間の経過とともに自然に治るケースもありますが、そのまま放置すると悪化することもあるので、気になる症状がある場合は一度当院までご相談ください。

顎関節症の原因

以前は顎関節症の原因は咬み合わせの異常にあるといわれていましたが、現在では顎関節症の原因となる因子はいくつかわかっており、それらが重なったときに発症するといわれています。

ブラキシズム

ブラキシズムは、食いしばりや歯ぎしりといった動作の総称で、顎関節症のもっとも大きな原因と言われています。ブラキシズムが起こると、筋肉が緊張して顎関節に過度の負担をかけダメージを与えます。

心理的ストレス

ストレスによるブラキシズム(上記参照)が起こることにより、顎に過剰な負担がかかり、顎関節症を引き起こします。

偏咀嚼(へんそしゃく)

食事の際、左右どちらか一方でばかり咬む癖を「偏咀嚼(へんそしゃく)」といいます。片側の顎に過剰な負担がかかるため、顎関節症発症の原因になります。

顎まわりの筋肉に負担がかかる癖や習慣

うつ伏せ寝、頬杖をつく癖、顎の下に電話をはさむ、猫背の姿勢などの癖や習慣は顎まわりの筋肉を緊張させ、ブラキシズム(上記参照)を引き起こします。顎や歯に対して不自然な力がかかりますので、顎関節症の原因となっていることもあります。

咬み合わせが悪い

咬み合わせが悪い、不良な歯列矯正などで偏咀嚼(へんそしゃく)やブラキシズム(上記参照)を引き起こし、顎関節症に繋がっている場合もあります。

治療法

治療法

症状に応じて「原因の解消」と「痛みの緩和」(症状によっては「咬み合わせ」)を組み合せて治療します。また、ご希望に応じて東洋医学の見地に基づいた鍼治療も行っておりますので、ご相談ください。

主な治療例

認知行動療法、物理療法、運動療法、スプリント療法、薬物療法、外科療法など

東京都町田市|診療予約|ワイズデンタルオフィス

page top